Archive for コラーゲン選び

「ひざサポートコラーゲン」は予防対策に使えるの?

ひざサポートコラーゲンには、治療薬でも予防薬でもないという但し書きがありますが、コラーゲンの継続摂取が加齢による減少を補うことは確かです。

薬事法上の表現の範囲と使用実感の格差について考えましょう。

■薬事法上の表現と現実の効能。

「ひざサポートコラーゲン」という商品を調べてみると、「治療や予防を目的としたものではない」といった表記がありますが、これは薬事法で決められている表現の範囲を遵守したもので、実際には予防対策としても効果が期待できそうです。

体内、とくに膝関節・軟骨に含まれるコラーゲンは、加齢とともに減少していきますが、その減少したぶんを補う働きをするのがペプチドコラーゲンであり、ひざサポートコラーゲンに含まれている有効成分です。

したがって現在、膝の屈伸に不自由や痛みがなくても、ひざサポートコラーゲンを継続して摂取すればコラーゲンの補給(予防)になります。

それを表記できないのは薬事法のシバリがあるからです。

◎関連サイト>>コラーゲン美容液とコラーゲンサプリを同一紙面で広告することについて| 薬事法ドットコム

■“現実の上での効果”で判断すべき。

薬事法上、医薬品では治療的効果や予防的効果をうたうことが許されていても、医薬品ではないサプリメントがそれをうたうことは許されていません。

したがってサプリメントのメーカーなどは、昔から表現には苦慮してきました。

現在もそれは変わっていません。

あくまでも自己責任ですが、利用者としては、“現実の上での効果はどうか”という視点で判断すべきです。

■薬事法のルールも大事ですが、実際の使用実感はもっと大事。

ひざサポートコラーゲンについては、口コミ情報などを利用して確かめましょう。

薬事法では許されていなくても、口コミ情報などでの発言は自由です。

どう受け取るかは個人に委ねられるところですが、実際の効果を確認する手段の1つとして、口コミ情報を使う手もあります。