Archive for admin01

「ひざサポートコラーゲン」は予防対策に使えるの?

ひざサポートコラーゲンには、治療薬でも予防薬でもないという但し書きがありますが、コラーゲンの継続摂取が加齢による減少を補うことは確かです。

薬事法上の表現の範囲と使用実感の格差について考えましょう。

■薬事法上の表現と現実の効能。

「ひざサポートコラーゲン」という商品を調べてみると、「治療や予防を目的としたものではない」といった表記がありますが、これは薬事法で決められている表現の範囲を遵守したもので、実際には予防対策としても効果が期待できそうです。

体内、とくに膝関節・軟骨に含まれるコラーゲンは、加齢とともに減少していきますが、その減少したぶんを補う働きをするのがペプチドコラーゲンであり、ひざサポートコラーゲンに含まれている有効成分です。

したがって現在、膝の屈伸に不自由や痛みがなくても、ひざサポートコラーゲンを継続して摂取すればコラーゲンの補給(予防)になります。

それを表記できないのは薬事法のシバリがあるからです。

◎関連サイト>>コラーゲン美容液とコラーゲンサプリを同一紙面で広告することについて| 薬事法ドットコム

■“現実の上での効果”で判断すべき。

薬事法上、医薬品では治療的効果や予防的効果をうたうことが許されていても、医薬品ではないサプリメントがそれをうたうことは許されていません。

したがってサプリメントのメーカーなどは、昔から表現には苦慮してきました。

現在もそれは変わっていません。

あくまでも自己責任ですが、利用者としては、“現実の上での効果はどうか”という視点で判断すべきです。

■薬事法のルールも大事ですが、実際の使用実感はもっと大事。

ひざサポートコラーゲンについては、口コミ情報などを利用して確かめましょう。

薬事法では許されていなくても、口コミ情報などでの発言は自由です。

どう受け取るかは個人に委ねられるところですが、実際の効果を確認する手段の1つとして、口コミ情報を使う手もあります。

「ひざサポートコラーゲン」の送料はいかに?

「ひざサポートコラーゲン」を定期購入すると2回目以降も10%OFFで購入できますが、それだけではなく送料もずっと無料で届けてくれます。

概略をまとめてみましょう。

■初回定期購入で30%OFF、その後も割引で10%OFF。

現在販売されている「ひざサポートコラーゲン」は、定期購入で初めて申し込むという人に限定して、30%OFFという特典をつけています。

定期購入が前提になりますが、ひざサポートコラーゲンのようなサプリメントは継続することが大事ですから、定期購入しても損はないでしょう。

また定期購入すれば2回目以降は自動的に月1回のペースで届けられ、商品価格はずっと10%OFFになるというのも事実です。

■ひざサポートコラーゲンは送料自体も無料でおトク。

通販によるさまざまな商品は、ひざサポートコラーゲンに限らず「送料」というものが別途にかかります。

そのため商品自体が安くても、トータルで考えると結局は割高感があるというのが消費者の実感です。

しかし最近では、定期購入するとその送料も無料になるというメーカーが増えています。

ひざサポートコラーゲンのメーカーもそれを打ち出していますので、定期購入であれば、2回目以降も通常の値段にくらべて「10%OFF+送料無料」の特別価格になります。

■ひざサポートコラーゲンを購入したら、同時に他の関連商品もまとめ買いしたほうがおトク。

どうせなら賢く利用しましょう。

どこのサプリメント通販会社でも販促手法の1つとして取り入れていますが、たとえば同社の関連商品についても割引の対象を広げ、メーカーが特定した商品であれば10%OFFで買えるなどの特典を付加しています。

ひざサポートコラーゲンは、それだけでも割引がありますが、賢く利用するなら、関連商品も一社でまとめて購入しましょう。

「ひざサポートコラーゲン」の定期購入について

「ひざサポートコラーゲン」を定期購入して継続摂取することは、その効果を発現させる意味でまずメリットが高まります。

また効果や安心・安全といった意味でもしっかりしている製品です。

理由を記述してみます。

■定期で初回の購入者は30%OFF。

ネットでも販売されている「ひざサポートコラーゲン」には、加齢によって膝関節が十分に機能しなくなったり、膝の屈伸時に痛みを感じるようになったりした人に有効とされる成分が含まれています。

定期購入によるメリットは、継続して摂取することで膝関節の痛みが緩和されること、屈伸がスムーズになることです。

定期購入による割引特典では、初回購入の人に限定して30%OFFのキャンペーンも展開しています。

■安心の裏付けにもなる機能性表示食品。

ひざサポートコラーゲンには、香料や着色料、保存料が含まれていません。

その意味では安心できる商品といえます。

また機能性表示食品といって、ひざサポートコラーゲンとしての効果が科学的な根拠から認められています。

この機能性表示食品というのはメーカーが自主的に消費者庁に届け出るもので、認められれば「膝関節の曲げ伸ばしを助ける」などといった効果を具体的に表記できる決まりがあります。

ただし認可されたからといって、消費者庁が自ら試験や検査を行ったものではありません。

■サプリメントに即効性はありませんが、継続使用することでジワジワと効果が実感できるようになります。

「継続は力なり」を実践しましょう。

ひざサポートコラーゲンなどのサプリメントはもちろん、他のサプリでもある程度の期間は継続して摂取することが重要です。

医薬品のように即効性はありませんが、多くの場合は2-3ヶ月で効果が実感できるようになります。

安全・安心の材料はパッケージにも記載されていますので確認してみてください。

ひざサポートコラーゲンと機能性表示食品について

ひざサポートコラーゲンという商品は、機能性表示食品として認められています。

機能性表示食品の意味やコラーゲンの働きについて考えてみましょう。

■ひざサポートコラーゲンにある機能性表示食品とは。

ネットで話題になっている「ひざサポートコラーゲン」という商品には、ヒザ関節の曲げ伸ばしをスムーズにするために不可欠なコラーゲンペプチドという成分が多量に含まれています。

コラーゲンはもともとヒザ関節の軟骨にあって、これがクッションの働きをすることで、ヒザの屈伸を円滑にします。

機能性表示食品というのは、メーカーが自主的に消費者庁に届出をするもので、科学的根拠があれば、商品パッケージにその機能性を表示することができます。

たとえばひざサポートコラーゲンのパッケージには、「膝関節の曲げ伸ばしを助ける機能がある」といった表現が記載されています。

■コラーゲンは体重の20%を占めるたんぱく質の一種。

コラーゲンはもともとたんぱく質の一種で、人間の体内には体重の20%に当たる量が存在しています。

このコラーゲンは、ヒザだけに存在するのではなく、骨にも内臓にも、血液の中にも存在します。

肌の表面にも多くのコラーゲン成分があり、「含有する食品を摂取することで肌に張りやツヤが生まれ、アンチエイジングに役立つ」というのは事実です。

せっかくですから、いろんなレシピで楽しんで接収していきましょう。

☆たとえばコチラ⇒http://joshi-spa.jp/432526

ただし今回話題になっているひざサポートコラーゲンという商品は、その効果がヒザだけに集中して効くというものではありません。

体全体に吸収されて作用し、その一部が膝関節にも働くと理解すべきです。

■機能性食品は、商品の個々に与えられた表示法です。

同じコラーゲン含有のモノでも、機能性表示商品ではないものもありますので注意しましょう。

機能性表示食品かどうかは、コラーゲン自体に与えられたものではありません。

メーカーがつくる商品自体に与えられる目安の1つです。

したがって同じコラーゲン入り商品でも、機能性表示食品であるものとそうではないものがあります。