ひざサポートコラーゲンと機能性表示食品について

ひざサポートコラーゲンという商品は、機能性表示食品として認められています。

機能性表示食品の意味やコラーゲンの働きについて考えてみましょう。

■ひざサポートコラーゲンにある機能性表示食品とは。

ネットで話題になっている「ひざサポートコラーゲン」という商品には、ヒザ関節の曲げ伸ばしをスムーズにするために不可欠なコラーゲンペプチドという成分が多量に含まれています。

コラーゲンはもともとヒザ関節の軟骨にあって、これがクッションの働きをすることで、ヒザの屈伸を円滑にします。

機能性表示食品というのは、メーカーが自主的に消費者庁に届出をするもので、科学的根拠があれば、商品パッケージにその機能性を表示することができます。

たとえばひざサポートコラーゲンのパッケージには、「膝関節の曲げ伸ばしを助ける機能がある」といった表現が記載されています。

■コラーゲンは体重の20%を占めるたんぱく質の一種。

コラーゲンはもともとたんぱく質の一種で、人間の体内には体重の20%に当たる量が存在しています。

このコラーゲンは、ヒザだけに存在するのではなく、骨にも内臓にも、血液の中にも存在します。

肌の表面にも多くのコラーゲン成分があり、「含有する食品を摂取することで肌に張りやツヤが生まれ、アンチエイジングに役立つ」というのは事実です。

せっかくですから、いろんなレシピで楽しんで接収していきましょう。

☆たとえばコチラ⇒http://joshi-spa.jp/432526

ただし今回話題になっているひざサポートコラーゲンという商品は、その効果がヒザだけに集中して効くというものではありません。

体全体に吸収されて作用し、その一部が膝関節にも働くと理解すべきです。

■機能性食品は、商品の個々に与えられた表示法です。

同じコラーゲン含有のモノでも、機能性表示商品ではないものもありますので注意しましょう。

機能性表示食品かどうかは、コラーゲン自体に与えられたものではありません。

メーカーがつくる商品自体に与えられる目安の1つです。

したがって同じコラーゲン入り商品でも、機能性表示食品であるものとそうではないものがあります。

Comments are closed.